白内障手術で視力回復!!怖くないの?費用は?(その4)

手術室健康

白内障手術の当日です。
手術を受けることにした経緯はこちら↓

はじめての手術室

わりと小さな眼科なのですが、手術室はそこそこ広くて本格的(失礼)。
先生だけでなく助手さんが3名いました。大学病院の学生さんでしょうか。

ベッドに横になり、眼の周りだけ穴の開いたビニールシートで顔をおおわれます。

眼の周りをがっちり器具で固定され、まばたきできなくなりました。

眼が乾かないんだろうか?と思った瞬間、消毒用の水を大量に注がれました。
少し眼にしみますよ、と言われていましたが、ほんとにしみました‥

「まぶしいですが、照明をぼんやり見ててくださいね」

【Q】眼を開けたままだと、メスできられるところが見えるんでしょう? 怖くないですか??

【A】ご安心を
水とか薬とか注がれまくるし、照明がまぶしいので、ほとんど視界不良です。

 

手術のときの視界のイメージ
先生
先生

それでは、手術をはじめます。

視界がごちゃごちゃとなっていたり、機械の不気味な音がします。

先生がこまめに説明してくれるので、不安になることは無かったです。

水晶体をレーザーで砕いて取り除いていきます、いまからズンと眼が重たくなる感じがします、とか

眼が重たくなるって、どういうこと?
想像つかないと思いますが、ぐっと眼球を圧迫される感じです‥

まえだ
まえだ

そのまんま笑

けっして痛くはないんですが、いま思い出してもちょっと気持ちの悪い感覚です。

開始して20分くらいでしょうか。
「水晶体がきれいにとれました、レンズを挿入していきます」

レンズは折りたたんであるので、眼球の2、3ミリの切り込みから入れます。
眼の中でぱかっと広がるイメージ

先生が「大丈夫ですか、順調です、もうすぐです」と、絶えることなく声をかけてくれます。

不安な時に、こう声をかけてくれると安心する、というお手本でした。
いろいろな場面で使えるやり方と思います。参考になりました。

「無事に終わりましたよ」

眼を固定していた器具とビニールシートを外し、眼帯をがっちりつけられました。

「それでは立って、外に出ましょうか!」

えっ、こんなすぐに

立ち上がってみると、意外にふらつきません。その足で休憩スペースへ移動。

次に手術をする別の女性が待機しています。「無事おわったよ」と心で会話

ふたたび診察室

診察室にもどって座る間もなく、お会計ですと言われ、4万円を支払い

まあ病人ではないですからねー。
普通に接してもらうことで、かえって気持ちがしゃんとするのかも、と前向きに解釈しました。

さて、帰りはタクシーです。
用意しておいたガード用メガネを装着。

ところでガード用メガネは1週間ほどは付けておくよう言われましたが、

付けてませんでした🙇

メガネは家にあった安物を使いましたが、十分でした。
眼科でも売っていると思いますが、高いのでやめたほうがいいです!

手術後の経過

手術当日はやや違和感ありましたが、痛みはなかったです。
痛み止めのくすりをもらいましたが、飲まずにすみました。

夜中になにかあったら電話してください、と先生の携帯番号も教えてもらいました。

まえだ
まえだ

いたれりつくせり。

いまどきの病院はほんとにサービス業だなー

さて、翌日の術後検診です。
眼帯を外すときが、いちばんドキドキしました。

緊張の一瞬。

見えた!

眼帯で覆っていたからか、外してすぐは、ぼやっとしましたが、すぐ見えるようになりました。

世の中がとてもきれいに見えます

びっくりしたのは白いシャツの見え方が、左眼と右眼でぜんぜんちがうこと!!

手術した眼には真っ白に見えるのですが、片方の眼にはセピア色‥

こんなに違うの?

びっくりすると同時に、いままで頑張ってくれた右眼に「こんなになるまでありがとう。ご苦労さま」と感謝しました。

診察も問題なし。

午後に右眼の手術がありましたが、もう慣れたもんです。
昨日と同様の流れで無事終わりました。

大成功

まとめ

  • 白内障の手術はわりと簡単
  • すぐに普通の生活を送ることができる
  • 自己負担もそんなに大きくない

眼科はあまりいかないよ、という方も定期的に検診してもらった方がいいですよ。
特に壮年の方はぜひ。
毎日、見えすぎて、うれしい悲鳴です!

 

参加してます
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました