ドイツ鉄道のICEでネルトリンゲンへ ! ドイツ・フランス鉄道の旅/3日目③

ドイツ

この旅について◆
夫婦二人の個人旅行 7泊9日(2019年7~8月)
【往路】アエロフロート 成田→🇩🇪ミュンヘン 【復路】JAL 🇱🇺パリ→成田
ミュンヘン、ネルトリンゲン、 ストラスブール、パリをICEや TGVを使いながら移動

ミュンヘン中央駅からネルトリンゲンまではICE(Inter City Express)とRB(Regional Bahn、普通列車)を乗り継いでいきます。
特急料金((二等車)含めて1人24.4ユーロ

まずはドナウワース駅まで。ICEで約1時間の旅🚝
初日のVERTAツアーのハギハラさんにお聞きしたところ、

ハギハラさん
ハギハラさん

チケット購入済みでしたら、改札も無いので出発時間の15分くらい前にホームへ行けばいいです。

ただし何番線のホームになるかは確認してくださいね。

お世話になりました

ヨーロッパでは、ホームが当日(場合によっては出発直前)にならないと決まらないため要注意です。

ドイツ鉄道アプリを入れておけば、画面で確認できるので安心。
参考にアプリのスクショをはっておきますが、過去の列車なので既に出発ホームは表示されていません(駅名の横にPL.7とか表示されます)

こちらがアプリの画面

過去の分なのでinvalidの表示

心配なのは自分の車両がホームのどのあたりに停まるのか。上の画面ですと22号車となりますが、ホームには表示がない…

日本だとしっかり表示されますが、海外ではそうでもありません

とりあえず乗って車内で移動すればいいのでは?と思われるかもしれませんが、そうもいかない場合があります。

ロシアで特急サブサン号に乗る際、10両+10両=20両の連結で、車両間の移動ができませんでした。
ロシアでの体験はこちら

入線するICEのドアあたりに表示されている号車番号を瞬時に読み取り、ダッシュでその号車まで走りました💦

出発までの時間はわずかだし、重い荷物はもってるしで、けっこう大変
良い方法をご存知の方、教えてください🙏

無事に乗車し、定刻通り出発。出発のアナウンスは無し(まあ、あってもわからないですが…)

今回は二等車の指定を確保しました。
座席指定料は4.5ユーロ💲
チケット購入の詳しい方法は別のブログで紹介します。

ミュンヘン近郊ではいろいろな列車を見かけました。

バイエルン州のRB

ミュンヘンから30分もたつと、景色はすっかり田舎です。

トウモロコシ畑が一番多かったです
これホームです‥

ドナウワース駅でICEからRBへ乗り換え、ネルトリンゲンまで。
乗り換え時間は9分。別のホームから出発なので不安でしたが、無事乗り換えることができました

夏休みで混んでるかなと思いましたが、ほとんど人は乗っていませんでした。

RB車内
ネルトリンゲン駅で

いよいよネルトリンゲンへ到着!
「進撃の巨人」のモデルとなった街と言われています。
心臓を捧げよ!(わかる人にはわかる?)

マンガ無料立ち読み

参加してます
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました