世界遺産「ヴィース教会」ドイツ・フランス鉄道の旅/2日目③

お役立ち情報

この旅について◆
夫婦二人の個人旅行 7泊9日(2019年7~8月)
アエロフロートでミュンヘンへ
ミュンヘン、ネルトリンゲン、 ストラスブール、パリをICEや TGVに乗って移動
パリからJALで日本へ帰国
前回の記事はこちら

ヴィース教会を外すのか、外さないのか、それが問題だ」
と言ったのは誰でしょうか?

わたしです‥

ロマンティック街道を周る時に、行くのかを悩んだのがヴィース教会。

ヴィース教会で悩んだのは?

ミュンヘンには2泊しかしないので、今日の夜が最後。

できれば夜7時くらいまでにミュンヘンへ帰り、美味しいものを食べたい🍺

今回の旅のテーマは鉄道なので、列車でフュッセンまで行き、そこからバスでホーエンシュバウガウ経由でノイシュバンシュタイン城へ行く。

ここまではいいのですが、ノイシュバンシュタイン城からヴィース教会へのバス便が意外と少ない。

ノイシュバンシュタイン城はかなり混むので、どれくらい時間を見ておけばいいかわかりません。少ないバスを逃すリスクが🚌

そうすると、よっぽど朝早くにミュンヘンを出発する必要があります。朝はゆっくりしたいし、ホテルの朝食も食べたいし☕️

ヴィース教会を外すのか?

なんといっても世界遺産

悩んだ末にツアーで行こう‼

と決めました。

VELTRAのツアーは一人約1万1千円。
ノイシュバンシュタイン城の入場料13ユーロ、昼食代は込みです。
鉄道、バスを使い、自力でいけば一人40ユーロと約5千円。半額ですね。

でも、結果としてはツアーにして、良かったと思います(もちろん私たちの事情から考えてですよ)

では、ミュンヘンから自力で行くことを検討する場合に考えるべきポイントをお伝えします。

ノイシュバンシュタイン城・フュッセン・ヴィース教会へ自力で行くかたへ

ヴィース教会は教会内に入れない時間がある

日曜日の午前中はミサのため入れません。
あと、イベントがあると入れません。
HPにタイムテーブルがアップされていますので確認していきましょう。

ヴィース教会HPのタイムテーブル

なお、冬は夕方5時で閉まります。

バイエルン・チケットの制限

1日乗り放題キップのバイエルン・チケットは有効に使えば、安上がりとなります🉐

5人グループだと1人9ユーロ弱でバイエルン地方が周り放題!

ただし、月曜から金曜の平日は朝の9時以降からしか使えません。通勤時間は混みあうためです。

バイエルン・チケット (Bayern-Ticket)

2等車に乗り放題で、 全ての普通・急行列車、交通営団(Sバーン、地下鉄、トラム、バス)やほとんど全ての定期運行バスにも使えます。

料金は旅行者の数によって決まります
一名の場合は23ユーロで、同乗者が一人増えるごとに5ユーロが追加されます(1グループは最大5人まで)。

月曜から金曜までの9時から翌日の3時まで有効です。週末や祝日は午前0時から利用できます

バイエルン州HP より

さてヴィース教会は

外観は普通の教会

涙を流したというキリスト像で有名になった ヴィース教会
片田舎にぽつんとあるのですが、中は教会に似合わないきらびやかなかロココ調の装飾です。

バスでフュッセンから約30分。外観も晴れていれば緑にとても映えるんでしょうが、今日はあいにくの雨

中では夜のコンサートに向け、リハーサルの最中。時間があれば聞いていきたかったのですが‥残念💧

写っていませんがパイプオルガンが有名なようです

イルカに乗った少年像とか見どころはたくさん。

天使がのっているのがイルカ

個人的には、ノイシュバンシュタイン城、フュッセン町巡りでお腹いっぱいだったこともあり、まあこんなもんかと感じました。

見学時間も30分程度だったので、バタバタ感はいなめなかったです。来るのであれば、ゆっくりと見たい教会です。

駐車場横のお土産屋さんにトイレがあります。ただし50¢のチップ要。教会周辺には何もないので、いっておきましょう。

参加してます
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました