「ロマンティック街道 終点の街 フュッセン 」ドイツ・フランス鉄道の旅/2日目②

ドイツ

この旅について◆
夫婦二人の個人旅行 7泊9日(2019年7~8月)
【往路】アエロフロート 成田→🇩🇪ミュンヘン 【復路】JAL 🇱🇺パリ→成田
ミュンヘン、ネルトリンゲン、 ストラスブール、パリをICEや TGVを使いながら移動
前回の記事はこちら

ノイシュバンシュタイン城のふもとの街ホーエンシュバウガウから、バスで10分もかからないくらいでフュッセンに到着。

フュッセンの語源はゲルマン語のfot(足)だそうです。町の紋章は足の組み合わせ!
大河ドラマ「いだてん」のロゴに似ているような❓️❓️

「フュッセンは自由行動にします。集合は1時間半後で」とガイドのハギハラさん。

時間、短か!!

うーん、ここがツアーのつらいところ。とも言っておられず、さっそく観光スタート

「ロマンティック街道」終着点の表示

終着点の表示がある場所は町のはずれで、少しわかりづらいです。ハギハラさんが案内してくれたので、ツアーのみんなといっしょにゾロゾロ着いていきます。

多くのお店の看板は職人の手作りだそうです

町全体がとてもかわいい雰囲気です。それにしてもドイツは花が町のあちこちにあります。

ドイツに赴任していた人に聞いた話し。
アパートでも窓辺に花を飾るのですが、その人は独身で仕事が忙しかったこともあり、何もしなかったそう。
すると同じアパートの住人から「なぜ花を飾らないのか?」と大家さん経由でクレームが来たとか‥
それだけ花に愛着のある国ということでしょう

木目を活かした、世界に一つだけの腕時計【Woodstone】

バカンスに入ったせいか、閉まっているお店が多かったです😢

町の中心「マグヌスの噴水」を起点に歩くこと5分くらい。もう町のはずれです。

「ここです」

「えっ、ここ?」終着点はいきなり現れました。
普通の民家の横に「ロマンティック街道の終着点」とドイツ語で表示されています。

ゴミ箱もご愛敬

ツアーの家族連れとお互い写真を撮ってもらいます。こういうのもツアーのいいところ。自撮りだと限界あります。。。

だまし絵で有名なホーエス城

みんなと別れてホーエス城へ。手前にある聖マング市地区協会と間違わないように。

だまし絵

壁には多くのだまし絵があって面白い。

本当の窓もあります
時計台からは町が一望できます

ホーエス城はもともとアウクスブルク大司教の避暑用だったとか。

中庭までは無料、建物の中は6ユーロ。ゆっくり見れればよかったですが、時間もないので滞在時間約10分でおわり
ホーエス城

リンク先に トリップアドザイバーのページが多いですが、わたしは旅行で行く予定のの観光名所、お店、レストランを旅ごとのフォルダにリスト化しています。
後から見返したり、次に同じところへ行くときにとても役立ちますよ。

シュネーバルのお店 Stefanie Diller Schneeballentraume

シュネーバルはドイツ菓子で雪玉という意味。 Stefanie Diller Schneeballentraumeで購入しました。チェーン店みたいです。

直径10センチくらいでかなりボリュームがあります。いわゆる油菓子みたいなものです。


ホテルに帰ってから食べましたが、二人でも食べきれず。それとシュネーバルを包んであった紙袋が、油でべとついていましたので、持ち運びにはご注意を!!

次は世界遺産のヴィース教会に向かいます!!

参加してます
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


今回の旅でとても役立ったポケトーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました