「ミュンヘン到着」ドイツ・フランス鉄道の旅/1日目 ②

ドイツ
この旅について◆
夫婦二人の個人旅行 7泊9日(2019年7~8月)
【往路】アエロフロート 成田→🇩🇪ミュンヘン 【復路】JAL 🇱🇺パリ→成田
ミュンヘン、ネルトリンゲン、 ストラスブール、パリをICEや TGVを使いながら移動

22時定刻にミュンヘン、フランツヨーゼフシュトラウス国際空港に到着しました。
それにしても噛みそうな名前‥

ミュンヘン中央駅から徒歩2分のシティホテルミュンヘンに二泊します(朝食付きで二泊2人で約22,000円。安い!!)

入国審査を終え、空港からミュンヘン中央駅へ向かいます。
ミュンヘン中央駅まで Sバーンで40~50分。11.60ユーロです。S1、S8のどちらでもOK。

ミュンヘン路線図(2018/3月)

いつもの旅行では空港から市内までタクシーで行きますが、今回は列車で行くことに。

なぜ今回は列車にしたのかというと、ミュンヘンに住んでいた知人に、ミュンヘンは比較的治安はいいので、夜でも空港から電車を利用してもOKと教えてもらったからです。
確かに安心して乗れました。

チケットはホームで打刻する方式なので、特に改札等はありません。
打刻機はありましたが、使い方がよくわからずそのまま列車に。
ガイドブックによれば係の人がキセルの抜き打ちチェックをやっているようです。

刻印のやり方がわからず…

車内は遅い時間のためか、人影まばらです。たまたま隣のボックスシートに日本人夫婦がいたので一安心。ただ私たちが乗り換え予定の前の駅で降りていきました。

暫くしてⅯoosach駅(読み方不明)に着いたところで、乗客みんなが降りていきます。
どうしたんだろう?と思っていたら、POLOのシャツが似合うかっこいいお兄さんが声をかけてくれました。

お兄さん

何かお困りですか。

わたし

ミュンヘン中央駅へ行きたいのですが‥

お兄さん

この電車はここで運転終了です。U3に乗り換えてマリエンプラッツ駅へ行き、そこで乗り換えて2駅でミュンヘン中央駅です。

日本に置き換えて考えれば、こういうことってあるよなー、と理解できますが、自分が外国人の立場で遭遇するとけっこうキツイ。
日本で外国の人が困っていたら助けてあげなきゃと思いました。

お礼を言ってお兄さんとは別れたものの、はてU3の乗り場はどこ??
いったんホームから出てみました。

駅前は暗くて何にもない。最悪タクシーでとも思ったのですが、タクシーどころか車もほとんど走っていません。
困った🆘

ホームに戻っておじさん二人組に聞いたところ「あっちのほうだ!」と親切に教えてくれました。
構内から出てしばらく歩いたところに「U」のマークが書いてある地下鉄入口を発見!
これはわからんなー

入国審査の係の方、駅でチケット購入場所を教えてくれた案内係の方、そしてこの駅で教えてくれた人たち、 ミュンヘンに着いてからまだ2時間ほどですが、 出会った人たちみなさんとても親切でした

この日以降もそうでしたが、ドイツの方は旅行客に対して親切だなと感じる場面が多かったです。英語もゆっくり話してくれるし、どこかの国とは大違い💨

だいぶ迷ったMoosach駅構内

SバーンとUバーンの違いですが、おおざっぱに言うとSバーンは近郊列車、Uバーンは地下鉄

運営主体が違うようで、Sバーンはもともと官営のようです。どなたかがブログで書いていましたが、東京でいえば山手線と東京メトロのような違いらしい‥

チケットは SバーンとUバーン は共通です!

乗り換え駅のマリエンプラッツ駅は若者でいっぱい。
ミュンヘン市内に近づいてきたこともありますし、なんといっても今日は土曜日。抱きついているカップルもいれば家族連れもいます。

そしてミュンヘン中央駅。もう夜中近くですが、マリエンプラッツ駅以上に人がいっぱいでごった返しています。
なんといってもバイエルン地方の最大都市。そりゃそうだよな…

改札を出て地下街を歩きますが、危ない雰囲気は一切なし。あんまり強調してもいけないでしょうが、安全な街だなと感じました。

すぐにホテルが見つかります。ホッ。
夜中前にもかかわらず、受付の方が、これまた親切にこころよく迎えてくれました。

さあ明日はノイシュバンシュタイン城のツアー、早く寝よっと💤

参加してます 👇

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました