ロシアへ格安の個人旅行〜5日目⑥赤の広場はおとぎの国だった!

ロシア

こちらのブログへ引っ越ししてきました。

以前のブログはこちら

ロシア観光ランキングNo.1スポットの赤の広場に来ました🇷🇺

地下鉄チアトラーリナヤ駅をおりて地上に出ます。

赤の広場へは、人の流れを見れば、そんなに迷うことなく行けます。

24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱Alan1.net

ヴァスクレセンスキー門

まず現れるのがヴァスクレセンスキー門

赤の広場の玄関です

ソ連時代はパレードの邪魔なので壊された可哀想な建物

1995年に再建築された新しい建物です

夜もライトアップされて美しいヴァスクレセンスキー門

国立歴史博物館

次に見えてくるのが国立歴史博物館。最初の印象はなんかオモチャみたい

赤の広場自体が巨大なテーマパーク!

赤の広場側から見た国立歴史博物館。右後ろはヴァスクレセンスキー門

赤の広場

いよいよ赤の広場

40代以上の方にはわかっていただけると思いますが、ソ連時代の赤の広場のイメージって、軍事パレードの映像でよく流される場所

ソ連は東側の得体の知れない国という時代でしたから、自分がモスクワに行くとまったく思っておらずけっこう感無量!

山崎豊子の代表作の一つ「不毛地帯」の主人公壹岐正の想いが印象的です。

壹岐は戦後シベリアで抑留され大変な目にあうのですが、その後帰国して商社で世界を股にかけて活躍します。

そんな彼は海外出張の際に、どんなに遠回りになっても、ソ連上空を飛ぶ便を選ばない。

悲惨な体験をした場所であることもさながら、多くの同胞が命を失い遺骨もそのままなのに、その上空を飛べるわけがないと…

イベントを控えてか広場の中心に会場が設営されています。

わきにはお土産もの屋さんをはじめ、屋台が並んで賑わっています。

観光客がいっぱいー

ワシリー大聖堂

ヴァスクレセンスキー門に入った時から遠目に見えてますが、近づいてくると、テンションがさらに上がってきました!

ワシリー大聖堂夕刻バージョン
ワシリー大聖堂夜バージョン

みんな記念写真を思い思いにとってます。これはインスタ映えするなー

次回はグム百貨店とクレムリン!

参加してます

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


【マージェンス】でオトコのニオイケア

コメント

タイトルとURLをコピーしました